地球とガガーリンなどについて勉強していた

地球について修練をしました。ゆっくりとした振動や地震のときの圧倒的動きは、長くに積み重なって山中や盆地の形をつくり出しています。そんな地震・火山・地殻変更が見つかる原因は、地球の外装部が板のようなかたい岩盤に分かれていて、それが移動しているからだ。大地をつくる各種の岩石や地層も、そのような地球の動きの商品だ。私たちの済む地球は、岩石でおおわれた半径約6400kmの固体地球と、その外装周囲に分布する水のパート(水圏)、およびそれを取り巻くエア部類(気圏)からなります。地表には高い山中も濃い海もありますが、地球のがたいにくらべるとその凸凹は可愛いだ。地球の形は赤道針路にわずかにふくらんでいますが、全体としてはちっとも球に近いです。1961歳、旧ソ連の宇宙飛行士ガガーリンが人間史上やっと地球を人工衛星で一周し、地上と交渉したことばに「地球は青かった」というのがあります。かなり勉強になりました。